ペット保険て加入すべきなの?メリットとデメリットを紹介

あなたはペット保険を知っていますか?実は人間と同様でわんちゃんも保険に入れます。任意で保険に加入することができるのです。「うちの子は病気になる兆しなんてないし!」と楽観的に考えていると、いざ病気になった時に多額の治療費を実費で支払わないと行けなくなり、大変辛いですよ。そうなる前にペット保険には加入しておくべきでしょう!最近はペット保険も利用者が増えており、一般的になりつつあるのです。加入するかどうかで悩んでいるあなたのために、ペット保険のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

ペット保険の嬉しいメリット

ペット保険には入ると嬉しいメリットがあります。では2つのメリットをご紹介しましょう。

メリット①愛犬の様子がおかしいときに気軽に動物病院に行ける!

ペット保険に加入すると病院に大変通いやすいです。ですから病気が悪化する前に気づけて、治りが早いのです。「あのとき、病院に連れて行ってあげていれば…」という後悔を無くせるところが魅力ですね。

メリット②保険の内容次第で治療費を大きく負担してもらえる

愛犬が病気になったときに家計に大きな負担を与えるのが「治療費」です。この治療費を負担してもらえるのは助かりますね。これで治療費が抑えられて、一安心できるでしょう。

ペット保険の辛いデメリット

保険に入るとメリットもありますが、デメリットもあるんですね。ではこちらのデメリットも同じく紹介しておきましょう。

デメリット①保険料が毎月の負担になる

毎月の保険料は地味に負担になります。何度か病気をしたら元は取れますが、愛犬が病気をしなかったときはちょっと勿体ないですね!

デメリット②十分な給付金が受けられない

入った保険が悪ければ、しっかり保険料を支払っていても、いざ病気になったときに大した給付が受けられないことがあります。これはしっかりとペット保険の保険内容を知っておく必要がありそうですね。

愛犬を守るために加入をオススメする!

このようにデメリットも多数ありますが、家族の一員である愛犬を病気から守りたいなら、ペット保険の加入を強くオススメします。手術代が高すぎて愛犬の病気を治してあげられないとなると本当に辛いですよ。後悔したくないなら、今の内にペット保険に加入しておきましょう!

定期的な耳掃除で病気予防を

耳掃除は適切な病気予防になります。犬の代表的な病気なのが「外耳炎」です。外耳炎になると痒みを感じて、耳を激しく振ったり、床に擦りつけるような動作を行います。これを続けていると痛みを感じたり、耳からすごいニオイが漂って来たりして悪化していきます。そして皮膚が腫れると時には手術が必要になるのです。

定期的な耳掃除で解決!

定期的にわんちゃんの耳掃除をして病気を予防しましょう。週に1~2回ほどでいいので、耳掃除を行ってあげてください。耳掃除に使うのは人間が使う様な耳かきや綿棒ではありません。急に暴れるわんちゃんには耳かきは硬すぎて危ないですし、綿棒でも粘膜を傷つけて病気を悪化させることがあります。適切な耳掃除の道具を使って、わんちゃんの耳を掃除しましょう。

耳掃除の正しい手順

耳掃除の正しい手順をご紹介します。この手順に習って、耳掃除を行ってください!

用意するもの

・耳の洗浄液(イヤークリーナなど)

・コットン

手順の紹介

1洗浄液を耳の中に垂らす

2耳をクシュっと丸めて人差し指でつまみ、くちゅくちゅマッサージする

3そのまま2~3分くらいして馴染んだら、手を離してわんちゃんにブルブルッと体を震わせる

4そしたら汚れが出てくるので、コットンでしっかりふき取る

耳掃除が特に必要なわんちゃんとは?

耳掃除が必要なわんちゃんはどんな特徴を持っているのでしょう。実は「耳が垂れている」わんちゃんや「外耳の内側に毛が生えている」わんちゃんは耳掃除が必要です。すぐに耳の中が汚れて細菌が湧きやすいからです。

犬種で言うと!!

・ゴールデンレトリーバー
・ミニチュアダックスフンド
・マルチーズ
・プードル
・シーズー
・ミニチュアシュウナウザーなど

あなたの愛犬は大丈夫?

耳を見たときに異常にべとべとしていたり、悪臭が臭ってきたり、真っ赤に爛れていたりすると、何らかの耳の病気にかかっている可能性があります。このようなことにならないように、定期的な耳掃除を習慣づけて、わんちゃんの病気予防をしてあげてくださいね!

愛犬にもデンタルケアを!正しい歯の磨き方

人間のようなデンタルケアはわんちゃんには必要ないって?いえいえ、これは必要あるんですよ!犬は虫歯になることは、そうありません。しかし「歯周病」にはなることがあります。それはわんちゃんの食べカスが歯に残ってしまうのが原因です。毎日のデンタルケアを欠かさず、食べかすをしっかりと歯磨きで落とすことで、お宅のわんちゃんも歯周病の無い健康的な歯が維持できるでしょう!ですからわんちゃんにデンタルケアは必要なのです。

実際に歯磨きをする前にするべき準備

実際に歯磨きをする前に準備しておくことがあります。

1「犬用歯磨き」に慣れさせておくこと

2「犬用歯磨き粉」に慣れさせておくこと

突然犬用歯磨きを出して、犬用歯磨き粉をつけて磨こうとしても、おそらくわんちゃんは警戒して暴れます。ですから犬用歯磨きをわんちゃんに渡して匂いをかがせたり、犬用歯磨き粉をおやつにチョンと付けてみたり、犬用歯磨き粉を飼い主さんの指に付けてぺろぺろさせたりして、ちょっとずつ愛犬をこの味に慣れさせていきましょう。するとわんちゃんは、歯磨きを受け入れてくれやすくなります。

正しい歯磨きの手順

1まずわんちゃんをリラックスさせるために、優しく話しかけながらわんちゃんの口元を撫でます。

2次にわんちゃんの上唇をあげて引っ張り、歯を磨く準備です。ここでちょっと顔が野生的になるのはご愛敬ですね(笑)

3準備ができたら、ブラッシングしましょう。嫌がったらそこで終わり。また次の日に持ちこして初めから歯磨き作業をしてみましょう。

4上下の歯をすべてブラッシングできるようになると上出来です。

5できたらご褒美のおやつをあげたり、撫でて褒めてあげて、歯磨きが楽しいことだと思わせましょう。

1日目ですべての工程を行うのはおそらく無理です。嫌がるわんちゃんに無理やり歯磨きをしていると、いずれそれがトラウマになって歯磨き嫌いに火をつけてしまいます。少しずつ少しずつ、手間をかけて歯磨きに慣れさせることが大事なのです。

毎日続けて歯磨きしよう!

わんちゃんの歯磨きは毎日するのがベストです。歯茎と歯の隙間などに食べカスが貯まりやすいので、その辺りをしっかりと磨いてあげてください。こうして歯周病予防をしましょうね。

愛犬が下痢をした!原因と治療を紹介

大切な愛犬が「下痢」になってしまうと、飼い主さんとしてはとても心配ですよね?そんなときはしっかりとその原因を突き止め、対策をとりましょう。犬の下痢の原因5つと治療方法をご紹介します!

原因1 甘やかして食べ物の与えすぎた

あまりに愛犬が可愛すぎて甘やかしている飼い主さん!もしやそれが下痢の原因になってやいませんか?おやつや食べ物を与えすぎると消化が悪くなり、下痢になることがあるのです。愛犬のためを思うなら、好きなだけ食べ物を与えるのはやめましょう。愛犬のためと思って、与えすぎに注意して甘やかさないよう我慢してくださいね。

原因2 強いストレス

犬のストレスは下痢を引き起こす原因になります。

1飼い主さんおスキンシップが足りていない
2留守番が多く寂しがらせている
3ペットホテルに預けていた
4引っ越したばかり

これらの原因で強いストレスにさらされて、「下痢」になった場合も考えられます。とにかくわんちゃんに構ってあげて、これ以上ストレスがかからないように配慮してあげましょう。

原因3 拾い食いでお腹を壊した

散歩中に不用意に何か分からないものを口に入れてしまったせいで、下痢になることも時折あります。常に落ちているものに気を配って、変なものを食べさせないように注意してください!

原因4 寄生虫や感染症に侵されている

寄生虫や感染症に侵されている場合も「下痢」になることがあります。寄生虫は定期的な検便検査で対処しましょう。感染症はしっかりとワクチンを打っておいて予防することをオススメします。ただ感染症には危険なものもありまして、伝染病などには要注意!下痢+体調の悪そうな様子が続くようならすぐに動物病院へ!時には死に至るような伝染病もありますので、早めの治療をオススメします。

原因5 胃腸の病気

慢性的な下痢が続くようなら胃腸の病気である可能性も考えられます。症状が酷く、何度も下痢になるなら、お近くの動物病院で見てもらいましょう。病気になっているなら早めの対処が必要です。

どんな治療方法が適切!?

下痢のときは水分補給をこまめに行いましょう。食べすぎやストレスなどの一過性の下痢なら、半日から1日絶食させて、胃腸の調子を整えさせる応急処置がオススメです。ただこの一過性の下痢の応急処置をするのは、下痢になっても元気そうなわんちゃんのみ。元気がなく体調が悪そうにしていたら、すぐにでもお近くの動物病院にかけこみましょう!そちらで適切な治療を受けることをオススメします。

愛犬の爪は切った方がいいの?!

大切な愛犬の爪切りって、慣れていない人にとっては大変恐怖ですよね?爪切りで失敗して、わんちゃんに痛い思いをさせてしまうとそれがトラウマになってしまう飼い主さんも多いことでしょう。
そんなときに「犬の爪って本当に切った方が良いの?!」と疑問に思ってしまう飼い主さんも…。結論から言いますと、飼い犬の爪切りは必要です!これをしないと爪が伸び放題になって、わんちゃんを傷つけてしまうからです!

爪切りが必要な理由(1)

わんちゃんは痒いところがあると自分の脚で体を掻きます。そのときに爪が伸びていたらどうでしょうか?誤ってその爪で自分の体を傷つけてしまうことがあるのです。痒いところを掻こうとして、自分の爪で怪我をしてしまうなんて可哀想だと思いませんか?爪切りはわんちゃんが自ら体を傷つけないようにするために「絶対に必要」なのです!

爪切りが必要な理由(2)

わんちゃんの爪は人間と同じく過敏で、剥がれるととっても痛いです。爪が伸びすぎるとこの爪がカーペットなどに引っかり爪が根本から剥がれてしまうことがあるのです。こうなると大変!あなたの愛犬は爪から出血して痛みに悶えて、とてつもなく痛い思いをすることになります。可哀想だと思うのなら、定期的に爪のお手入れをしてあげましょう!

爪切りの理想的なペース

運動量の多い大型犬だと散歩中に爪が勝手に摩耗して削れてくれることもあります。ですから一概にこのペースとは言えませんが、理想は1か月に1回のペースで爪切りをするのが良いでしょう。特に部屋の中で飼っている小型犬は爪が摩耗しにくいので、しっかりお手入れしましょうね。床の上を歩くときに「カチャ」という音がしたら、「爪が伸びてきてますよ!」のサイン。すぐにでも爪切りを行ってあげてください!

犬の多頭飼いで気をつけるべきこと

わんちゃん大好きな飼い主さんの中には「犬にいっぱい囲まれたい♡」なんて、多頭飼いしたくなる人もいるでしょう。ただし、多頭飼いは想像以上に難しいことなのです。では、わんちゃんを多頭飼いするときの注意点を3つほどご紹介します。

1必ず2匹の相性チェック!

2匹、3匹と多頭飼いするならしっかりと相性チェックも欠かさずに!人間と同じようにわんちゃんにも「相性」があるのです。どんなに気配りしてもこの相性が悪いとわんちゃん同士のストレスは山ほど溜まります。できる限り飼う前に先住犬と会わせて、二匹の相性をチェックしましょう。

多頭飼いに向いているわんちゃん&向いてないわんちゃん

先住犬の性格によっても、多頭飼いに向いている場合とそうでない場合があります。

◎多頭飼いに向いている先住犬の性格

1位 好奇心旺盛でフレンドリーなわんちゃん 2位やんちゃで元気いっぱいのわんちゃん

◎多頭飼いに向いていない先住犬の性格

1位 攻撃的で怒りっぽいわんちゃん 2位 甘えんぼうで寂しがりやのわんちゃん 3位 大人しいわんちゃん

今、飼っているわんちゃんの性格はきちんと見極めて、なるべく相性のいいわんちゃん同士を選びましょうね。

2大事なのは上下関係づくり

野生のわんちゃんは、元々群れで生活をしています。そこで大事なのが上下関係。先住犬は今まで飼い主さんに一身に愛情をもらっていました。でも2匹、3匹と家族が増えると一匹にだけに愛情は注げませんよね?すると先住犬は飼い主さんに裏切られた気分になり、大きなストレスを抱えて拗ねたり、他の犬に攻撃的になってしまうのです!きちんと先住犬の優先順位を上にすることで、適切な上下関係を作りましょう。するとわんちゃん同士がきちんと関係性を作れ、仲良くなれますよ。

上下関係を作る方法

1ご飯をあげるときは先に先住犬に声かけ

2おもちゃの取り合いをしたら、先住犬に渡す

3散歩は先住犬が先

3先住犬のしつけはできてる?

多頭飼いをしたいなら、先住犬のしつけは徹底的に叩きこみましょう。できていないと、他のわんちゃんも先住犬を真似して、いくらしつけても言うことを聞いてくれない可能性がありますよ。

責任感を持ちましょう!

多頭飼いはこのように様々なことに気を付けないといけないので、はっきり言って大変です。これらをすべてできると自信がある人だけ多頭飼いをしていただけたらと思います。

愛犬を触られ上手にしつけする方法

カラダに触ると「うー」と低く唸ったり、噛みついてくるようなわんちゃんは日常生活で問題を起こします。散歩中に「あら、かわいいわね」と愛犬をなでなでしてくるおばさんや「キャーカワイイ」と興奮して触る子供たちにあなたのわんちゃんがガブリと噛みついたらどうしますか?一大事でしょう。そんな恐ろしいトラブルにならないように、わんちゃんを普段から触られ上手にしつけておきましょう!

方法1 触って嫌がらなかったらご褒美♡

このしつけでは、できなかったら罰を与えるよりも、できたときにご褒美を与える方法がとっても効果的です。わんちゃんのカラダに触って嫌がられなかったら、ご褒美を与えましょう。ご褒美は「いい子いい子」と優しくなでた後におやつを与えると良いでしょう。こうしてわんちゃんに「触られる」=「いいコトがある」と思い込ませてください。おやつの代わりにわんちゃんの好きなおもちゃを与えるのもいいですね。

方法2 触られたくない場所も時々触って慣れさせる

わんちゃんには触られたくない弱点とも言える場所があります。それは「しっぽ」「鼻の先」「耳」「足の先」です。こちらはどのわんちゃんも触られることを嫌がりますので、最初からこの部分ばかり触ると、これがストレスになって触られることを嫌がるわんちゃんになってしまいます。正しいステップはこちら!

1最初は頭や背中などわんちゃんが喜ぶところを触ります。

2その後、この弱点部分を触って、少しずつ触られることに慣らしていきます。

3この弱点部分に触っても嫌がらなければ、しっかり「いい子いい子」してご褒美をあげましょう。

このようなしつけで弱点部分を触られても嫌がらない、賢いわんちゃんへと育ちます。要は「慣れ」なのです!

方法3 慣れたらちょっと雑な触り方にチャレンジ

散歩中に誰もが優しく愛犬を撫でてくれるとは限りません。子供なんかは加減が分からずガシガシと雑な触り方をする子もいます。ですから触られることに慣れてきたら、今度は「頭をポンポン触る」「ぐぁしゃしゃしゃ!と雑に撫でる」などそんな触り方にもチャレンジ。もちろんわんちゃんがストレスを感じないくらいたま~にやって、慣らしていきましょう。

これでみんな触られ上手!

こうして訓練していけば、あなたの愛犬も触られ上手に!しっかりしつけて、トラブルを起こさない誰に触られても喜ぶ子に育ててくださいね。

愛犬が留守中にいたずら…。対処方法

子供にもいたずらが大好きで、すぐにお母さんを困らせてしまう子がいますよね?同じようにわんちゃんにもいたずらが大好きで、毎回飼い主さんを困らせてしまう手のかかるわんちゃんがいるのです!特に留守中は叱ることもできずに、やりたい放題!これには帰ってきてから思わず泣きたくなりますよね?そんなときのオススメのいたずら対策法をご紹介しましょう!

留守中におとなしくお留守番させる方法

留守中にいたずらを我慢させる方法は4つあります。

方法①寂しさを煽る声がけは厳禁!

「行ってくるよ~」「お留守番お願いね」なんて別れを惜しんで、出かけていると言う飼い主さん!あなたの行動はわんちゃんの寂しさを煽っていますよ。留守にする前にはこう言った行動は取らずにいつの間にかいなくなっているという方がいいのです。わんちゃんは「これから一人にされる」と思うと、すごく大きなストレスを感じ、いたずらに走ります。

方法②いたずらされて困るものはわんちゃんの周りに置かない

噛まれたり、ちぎられたりして困るものはわんちゃんの周りに置かないのが鉄則です。そう言った配慮もしておきましょう。

方法③ケージやサークルを用意して、移動できる範囲を狭くする

「狭い場所に閉じ込めるのは可哀想」って?いえいえ、わんちゃんは狭い方が実は安心するのです。無駄にウロウロうろつかせても、変なものを飲み込んでしまったりして、逆に危険かもしれませんよ。留守中にはケージやサークルの中に入れておくのが良いでしょう。

方法④熱中できるおもちゃを与える

わんちゃんのいたずらを止めるには、留守中に熱中できるおもちゃを与えるのが効果大!おやつを詰め込める「コング」など、留守番グッズを活用して、わんちゃんを退屈させないようにしましょう。

留守中にわんちゃんが「いたずら」をする2つの理由

留守中によくいたずらするわんちゃんは、実は2つの理由が考えられます。

1寂しくて不安で、そんな自分の気持ちを落ち着かせるため

2退屈で何か面白いものに熱中して暇を潰そうとするため

わんちゃんは極度の寂しがり屋さん!

わんちゃんは群れで行動する習性があるので、基本的に寂しがり屋なのです。そんなわんちゃんにとって、独りでのお留守番は結構なストレス…。このストレスを紛らわせるために普段からいっぱい愛情を注いであげてくださいね。そして、わんちゃんがなるべく「寂しさをまぎらわせる」ように、留守中には環境を整えてあげましょう。

愛犬がうんちを食べちゃった!食糞の原因とは?

愛犬が突然目の前で、うんちを食べ始めたら「ギョッ」と目を疑ってしまいますよね?食糞行為は人にとっては理解できないことです。飼い主さんが「いや~(涙目)」と嫌悪感を感じてしまう気持ちも分かります!しかし、この行為はわんちゃんにとって、それほど珍しい行動ではないのです。

では、なぜわんちゃんは「食糞行為」を行ってしまったのでしょう?

子犬の場合

子供って何にでも好奇心を持って行動します。子犬の場合もクンクン糞のにおいを嗅いでみて「なんだこれ?」と好奇心を持ったのでしょう。子犬はにおいのあるものを口にして、それが何かを確かめるという自然的な習性があります。ですから子犬の食糞行為はまったく不自然なことではないのです!

成犬の場合

子犬の頃は食糞をちょこちょこ起こしますが、通常は成犬になるとこのような行動は収まります。ただし母犬の場合は別。母犬が子犬のうんちを食べてしまうことはあるのです。しかしこれはごく自然なこと!野生の犬は巣穴からにおいがして外敵から襲われないために子犬の糞を食べるという習性があるのです。この延長上で子犬のうんちを食べてしまったのではないでしょうか?

その他考えられる食糞の原因

他にもわんちゃんの食糞行為にはいろいろな原因が考えられます。

①親犬の食糞のまねっこ

②食糞すると飼い主さんが(慌てて)騒ぐので楽しくなってしまう

③かまってほしい遊んでほしいという甘え

④エサが合わないorエサの量が足りなくて空腹のため

⑤ビタミンやミネラル不足を補うため

⑥極度のストレス症状で精神的に不安定になっているため

⑦認知症など病気のせい

衛生的に良くないので治しましょう!

食糞は絶対にやってはいけないタブーな行動というわけでもありません。健康的な糞を食べても特に大きな問題にはならないはずです。しかし、すべての糞が健康的とは限りません。中には寄生虫やウイルスが含まれている不健康な糞便もありますからね。この危険性を考えると食糞ぐせは早めに治してあげるべきでしょう。大事な大事な愛犬が体を壊さないように、しっかり気を付けてあげてくださいね!

愛犬との散歩で気をつけるべきマナー

わんちゃんを飼うのなら、お散歩マナーはしっかり身に着けておいてください!このマナーを守らない飼い主さんはペットを飼う資格はありません。しっかりとマナーを守って、人に迷惑にならないように最低限の気遣いをするようにしましょう。

譲り合いの精神が大切!

愛犬家は増えていますが、そんな中にもわんちゃんを怖かったり、わんちゃんが嫌いな人間もいます。散歩中に誰かに出会った場合は、わんちゃんのリード引いて道の端に寄ってくださいね。こうして周りの人が通りやすいように気を配りましょう。
同じように散歩中によそのわんちゃんと出会っても不用意にリードを緩めないでください。わんちゃん同士が必ず仲良くできるとは限りませんので、同じようにリードを引いて道を譲ってあげましょう。譲り合いの精神を大切にして、散歩中に問題が起きないように気を付けてくださいね。

排泄物の処理は忘れずに!

お散歩中に愛犬がうんちをしてしまった場合、そのまま放置する人はさすがに少ないですよね?排泄物の放置は完全なマナー違反です。お散歩中はうんち袋を常備しておき、途中で排泄してしまった場合は、すぐに片付けましょう。うんちだけではなく、おしっこをした場合もペットボトルの水などでしっかりと流しておくと、マナーの良くできたステキな飼い主さんになれます。

他人の敷地で排泄させない!

考えても見てください。いくら愛犬家でも、よそ様の犬に壁や花壇で排泄されたら嫌な気持ちになりませんか?これは本当に酷いマナー違反です。散歩中にトイレをさせる場合は、誰にも迷惑のかからない「草むら」に限りましょう。お庭の持ち主を嫌な気分にさせないように気を付けてくださいね。

マナーを守ってトラブル回避

お散歩中のトラブルは意外とよくあることなのです。大好きな愛犬のことを他人に悪く言われたくないのなら、正しいマナーを守って胸を張ってお散歩できるようにしておきましょうね。このような気遣いをすれば散歩中の余計なトラブルは防げるでしょう。